Flower preservation

プリザーブドフラワーについて

きれいな花束

贈り物やインテリアに、プリザーブドフラワーを用いる方も多いと思います。プリザーブドフラワーのメリットは、長期保存が可能ということです。温度、湿度、風にあたっていないかなど、環境によって変化はしますが、2年は綺麗な状態を保つことが出来ます。
贈る側も、お花を渡したいけどすぐ渡せないときに前もって準備が出来ますし、遠方に贈る場合にも重宝されます。見た目も生花のような柔らかさがあり、とても喜ばれます。
プリザーブドフラワーは、高温多湿、直射日光、強風に弱いので、置く場所には気をつけて下さい。
湿気に弱いのでお水をあげてはいけません。お水をあげる手間がないというのもメリットです。湿気によってカビが発生するので、風通しのよい場所におきましょう。直射日光が当たる場所に置くと変色の原因になるので、日当たりのいい場所はさけるといいでしょう。
ラッピングやクリアケースに入れたまま飾ると、長持ちします。お花にホコリもたまりません。もしホコリがたまった時は、ドライヤーの弱い冷風をあてると綺麗になります。結婚式で使ったブーケなどを加工してインテリアとして飾るのも、記念になって素敵です。コストはかかりますが、それだけの価値はあると思います。

Pick up

TOP