Flower preservation

プリザーブドフラワーとは

白い花を基調とした花束

プリザーブドフラワーとは、生花や葉を特殊液の中に沈めて、水分を抜いた素材のことです。natural preserved flowers and foliageと言う言葉から、日本ではプリザーブドフラワーと言う言葉が一般的になった。ですが、「プリザーブド…」は日本人にとっては言い難しかったようで、一時期はプリザーブドフラワーと言う誤った呼称も広がりました。
この製法は、まず新鮮な生花を脱水作用がある脱色液に漬けます。そして、花を取り出し、潤滑液入り着色液に漬けます。次に、花を取り出して乾燥させます。液は1度使うと品質が落ち、何度も利用することは出来ません。
1991年にフランスのヴェルモント社が特許保存技術を発表して、フローラルデザイナーたちが利用したことにより広まりました。ですが、ヴェルモント社がプリザーブドフラワーの起源ということではありません。薬局でグリセリンを購入して製作する趣味は、昭和期から行われていました。
海外では、preserved flowersの他に、flower preservationやfloral preservationと言う言葉が使われています。また、最近ではデザインの場やマスコミなどで「枯れない花」「いつまでも美しい花」としても話題になり人気や注目を集めています。

Pick up

TOP